カミソリでムダ毛の処理

カミソリでの除毛、ブラジリアンワックスでの脱毛など、自宅でムダ毛の処理をした後に、お肌のトラブルに見舞われることがありますよね。

 

カミソリでムダ毛を剃った時のトラブルとしては、お肌の表面に傷がついてそこからばい菌が入り、化膿を起こしてしまうこともありますし、皮脂のバランスが崩れて乾燥することによってニキビができる、お肌がダメージを受けて色素沈着をおこし黒ずむ、肌の色がくすむこともあるようです。

 

カミソリでムダ毛の処理をした時に、トラブルが起きやすい場所は、手が届きづらく、つい力が入ってしまう背中や、胸、おなかなど元々お肌があまり強くない場所、あとはデリケートゾーンと呼ばれる部分で、処理後に清潔を保てなかったことなどが原因でトラブルが起きてしまうようです。

 

また、脱毛器や毛抜き、ブラジリアンワックス、脱毛テープなどを利用してムダ毛を抜いた時のトラブルには、毛穴にばい菌が入って化膿する毛包炎や、毛穴が赤くなる、毛穴が飛び出したような状態になり肌の表面がブツブツになる、色素沈着を起こして黒いブツブツができるなどのトラブルがあるようです。

 

なかでも、皮膚の中にムダ毛が埋まってしまう埋没毛というのは見た目にも悪いですし、何よりムダ毛が皮膚で覆われているので処理ができないという困ったことが起きてしまいます。

 

除毛剤やブラジリアンワックスなどは、皮膚表面に薬剤を塗るので、脱毛をした後のトラブルだけではなく、薬剤によるかぶれや皮膚のトラブルなどが起きることがあります。

 

具体的には、ブラジリアンワックスのワックスが皮膚にくっついてとれなくなってしまった、薬剤があわなくてお肌がかぶれてしまった、肌がガサガサになってしまったなどのトラブルがあるようですから、薬剤の場合はとくに、事前に薬のパッチテストをしてから本格的に利用をするようにしましょう。

 

ムダ毛の処理後のお肌は、表面の角質がはがれており、痛みはなくても、カミソリなどでお肌の表面に細かい傷がついていることがあるので、薬剤などの刺激物でお肌がかぶれやすい状態になっています。

 

化粧だけではなく、制汗剤や日焼け止め、保湿用のボディーローションやスクラブなど、ムダ毛の処理をしたあとには、お肌の炎症がおさまってからお肌に直接塗るような化粧品を使うようにするのが、お肌のトラブルを避けるためのポイントになります。
ムダ毛の処理をする前にも後にも、お肌を清潔な状態にすることを忘れずに、きれいな素肌をキープしましょう。

毛処理時に起きる問題の対策

最新記事